胃がん・ピロリ菌

ピロリ菌に感染している場合、胃炎を起こし、

胃の痛みや不快感、慢性胃炎、萎縮性胃炎へと進むことがあります。

萎縮性胃炎は、胃がんの発症とも関連が指摘されています。

 

当院ではピロリ菌の除菌について消化器病専門医が

説明、方法について案内しております。

 

また内視鏡検査は近隣の病院様と連携、

予約を取りながら実施しております。

※ 内視鏡検査でピロリ菌の存在が示唆された場合は保険で検査ができますが、それ以外は保険外での診察、検査、除菌となります。