高血圧・高脂血症

 

高血圧は無症状のまま病状が進んでいく場合があります。

家族歴や塩分摂取、ストレスなどが危険因子として指摘されています。

高血圧を放っておくと心臓に負担がかかったり、

血管が耐えきれず動脈硬化を発症する原因となり、

脳梗塞、脳出血、心筋梗塞、心不全のリスクになります。

症状が出てしまうと命にかかわる大変になることが少なくありません。

 当院では食事療法、運動療法を初めとし

必要な方には負担の少ない薬を必要最小限の処方をしております。

無理のない治療でその方にあった治療方法を見つけられるように頑張ります。

高脂血症は抽象的に血液の油の成分の目安になります。

特に悪玉コレステロールは心臓病や脳梗塞との関連が指摘されており、

家族歴、生活歴がある方は特に適切な値ににしておく必要があります。

上記疾患に対しては日々の生活習慣の改善に努め、

より良い環境で長生きして頂けるよう

定期的な血液検査や超音波検査などを実施することをお勧めしています。

健康診断で引っかかった、家族で血圧が高いひとを指摘された場合など

不安な点やご相談事がある場合は受診をしてみて下さい。